Colorful Wave
カラーセラピーmenu 夢のカウンセリング about Colorful Wave diary contact link
まとめ 夢の実験の結果

おはようございます。 

これまでに書いた私の夢を通じて
経過がわかっていただけたでしょうか?

「この本の言うとおり行動して何も変わらなかったら
夢なんか信じない。」という
無責任な好奇心から始まった実験。

今、思うと
Iさんと・・・というよりも
新しく始まった部署で自分にとって快適な環境を作ることが
私の一番の願いで
その代表格がIさんでした。
Iさんは専門分野の部長でしたから。

突然嫌いな分野の部署に異動になった不満は
自分で思った以上の悲愴感と怒りで
切羽詰まっていたと思います。

私、嫌われてたらどうしよう?(まだよく知りもしないし、自分は苦手なくせに)
でも、やめたくない。      
夢のように叩かれたくらいでは負けないと(大げさな・・・)

で、夢が「あなたが今の部署でやる気があるなら
好き、嫌いとか非難ではなく
自分の恐れていること(嫌われているかも)に目を向けるように。」
と知らせてきたと思います。
夢を見た期間は約1年。

Iさんに夢を話すという行動から始めました。
往復ビンタどころか
多くの専門知識を教わることとなり
私は大嫌いと思った分野のことが大好きになり
自分のキャリアの半分以上を積んで
ここまできました。
しかも、幅広い知識を得られました。
本当に感謝しています。

その1で書いた意味のわからなかった
受け入れるとは
自分に与えられた環境と嫌われたらどうしようという
せっぱつまった心境。
自分への非難とは
Iさんを通してみる気取った理屈っぽい
自分のことでした。(今も?
嫌われるのを怖がっていることも納得しました。

日々の関わりでIさんは合理的でさっぱりした人と
見方が変わり、心も軽くなり
夢の関係が進展という形で教えてくれていたのです。

夢の本だけを頼りに動いていたころのことですが
自分のとらえ方を変えると
夢も教えてくれると実験で確信したので
学ぶ気持ちになったのです。

あー、かなり裸になってしまいました


が、

夢は本気で取り組めば答えてくれると
お伝えしたかったのです。

| 過去の夢 | 11:11 | - | - |
夢が進化した?  
 
おはようございます

昨日からの続きです。
あらすじ
突然の異動があり、新しく配属された部署で出会った人に
夢で往復ビンタをされ、夢は本当に答えをくれるか?の
実験を試みた。

その2のようなやりとりがあって

私はIさんって自分の思っているような人じゃないかも・・・
もっとよく観察しよ。と、思いました。
「ほんっとに
何事もなくてよかった

それからどれくらいの期間だったか忘れましたが
また、Iさんの夢を見ました。

夢で私とIさんはとても仲良くなっている。
手をつないで歩いている
起きてすぐ
「あれ手をつないで・・・る?なんだ?これでいいの
少しずつ環境に慣れてきた頃でした。
私は夢が変わってきたことがおもしろいと
楽しみを覚えてきました。

その日を境にある程度期間があきながらでしたが
私とIさんは手をつなぐ腕を組むなど
夢の中での関係は進展し
とうとう
恋人にまで発展していました。
(実際には恋愛はしていません。念のため
そのうちにIさんの奥さんも登場するようになりました。
「もう、恋人じゃないんだなんで?」

現実には、飲み会に行ったり
仕事もかなりスムーズになってきました。

それからまたしばらくすると
こんな夢を見ました。
Iさんが奥さんと一緒に私の卒業式に来てくれて
花束をくれる。

起きた直後
「卒業式だ。私、卒業したんだ。」と思いました。

卒業って意味が
わかっていませんでしたが
Iさんとの関係がよかったので
もう、どうでもよくなっていました。

それ以降Iさんの夢は見なくなりました。
| 過去の夢 | 10:38 | - | - |
夢がきっかけで変わった人間関係  その2
 
その1に書いたとおり

私は手元に置いた夢の本がこれまでの本とは
ちょっとちがうと思ったので、実験することにしたのです。
「もし、他の夢占いのようなら捨ててしまおう。夢も信用しない。」
と思って、何の迷いもなく行動開始


受け入れるとか自分を非難・・・の意味はわかっていませんでしたが
実行することに意味があると書いてあるのですから
好奇心の裏付けをどうしても取りたい

で、職場に到着。

みんながIさんと談笑中。和やかです。
私も輪の中に入りました。そこで言いました。

なるべく笑顔で

私 「昨日、夢で往復ビンタされたんです。ショックでした。
   何にもしてないのに・・・。
   私のことを嫌ってるっぽかった。」

Iさん 「え〜、俺が?自分が何かやらかしたんじゃないの?

私 「まだ、始まったばかりですからやらかしてませんよ〜

Iさん「そーか、ま、そんなこともあるんじゃない?でも、ほんとに何かあったら
    あるかもよーーーー

こんな感じでした。
「あら?意外とさっぱりなんだ。でも、どーしよう。このあと夢の通りになったら・・・」

でも、もう
自分が言ったことはもう、引っ込みがつきません



また続く



| 過去の夢 | 21:02 | - | - |
夢がきっかけで変わった人間関係 その1
 

おはようございます。

今日は苦手だった人との関係が

夢を見たことで変えていけた事例を

過去に見た夢とともに書いてみようと思います。

生活:

職場で異動になり、まったく新しい分野に行くことになりました。

そこで出会ったIさんはさわやかで人気のある人でしたが、私は苦手な人。

気取ってて理屈っぽそう。という印象。

そんなときに見た夢です。
Iさんと会話していて、いきなり往復ビンタされてしまう。

この夢を見た私は手元にドリームブック(坂内慶子翻訳本)があったので

殴るの項目を読みました。

ここから引用「自分、あるいは他人を、非難し、批判すること。
受け入れるべきです。自己愛も要求も、感情表現も。」引用ここまで

自分のことも非難受け入れるさっぱり意味がわからん
じゃあ、試してやろうじゃない
だめならこんな本捨てるわ。と思いました。

と、まずはここまで。
また後ほど。



| 過去の夢 | 10:17 | - | - |
夢の向こう側 〜過去の夢〜
 

おはようございます。
昨日、今日と良いお天気です

なぜか、どうしても

書きたいと思ってしまった夢を
とまどいつつも
書いてみようと思います。

長くなるか、短いのかもわかりませんが
内側から出てくるまま
書いてみようと思います。

夢を学ぼうと思うずっと前。

戦場のようなところにいる私に向かって
爆弾がせまってくる
一生懸命逃げる私。。
それでも逃げ隠れできる場所はありません。
あーこれまで
きゃあーーーー
という自分の叫び声で目がさめて
気がつくと全身汗でびっしょり、目にはうっすら涙・・・

夢を見た直後はボー然
でも、自分が不安に思っていることが
夢に出たということだけはわかっていました。
なんとなくですが。

そのころ
とても緊迫した人間関係の真っただ中にいて
不安で不安で仕方ない。
でも、それは確かめることは怖くてできないという
状況でした。

私の中にあった感情は
知りたい。でも、確かめたくない。
聞いても本当のことがわかるはずがないことは
予測できていて
問題に向きあうことができませんでした。
結局、その関係は終わりました。
解決に至るまで長い長い時間を要しました。
たぶん
事実を確かめたところで
結果は同じだったとは思います。

ですが

今のように夢をわかっていたら
もっと冷静に問題に向かい合っていただろうし
早期に決着がついていただろうと思います。

そのときの夢は
自分をどれほど追い詰めているかわかってる?
問題から逃げないでちゃんと向き合って。
きちんと解決できるよと言ってきていたと
今ならわかるのですが
夢のことなどまったく知らない私は
ただ不幸のどん底に突き落とされたという
思いしかありませんでした。

このように書くと結局終わったんだから不幸じゃん。
と、感じるかもしれませんが
違うんです。

夢は見た人を追い詰めたり
不幸になるようなことはしません。
夢はその人が一番幸せな状態を手に入れられるよう
自分が思う先のそのまた先をわかっていて
知らせてくるのです。
だから、こわい夢を見たとしても安心して
心の準備をしてください。
乗り越え方が違います。

実際、今のほうがずっとずっと幸せです。

本当に夢ってなんでも知ってるんだなと
思わずにはいられない夢の一つでした。


| 過去の夢 | 10:45 | - | - |
| 1/1PAGES |

▲このページの先頭へ
HOME